スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕のしびれ 治療 【腕の痺れの原因と治療の一例】 

腕のしびれ 治療 【腕の痺れの原因と治療の一例】

私が実際に経験した「手・腕のしびれ」と
その治療法の一例を紹介します。

■ 症状
ある日突然、右腕の肘上部がけだるくなり、
しばらくしたら右指まで痺れが出てしまい、
手も冷たく感じました。(2009年1月)

車を運転しても、座っていても、
歩いていても、ビリビリしびれました。

■ 治療
2週間ぐらいしても一向に良くならないので、
整形外科でX線撮影を受ける。

痺れの原因は首の骨の歪で神経に触るとのこと!

実施した治療は「首を10分間機械で引っ張る」
だけのリハビリ治療のみ。

リハビリを週1~2回行った結果、2009/4に回復

■再発:回復して約1年後の冬に再発した(2010/1)

■再治療:再発したので再度前回と同様のリハビリ開始(2010/1)
 治療約2ヶ月で回復(2010/3)

 以後、2012年9月現在、再発はしていません。

■ 原因の思考

 遅まきながら再発してからいろいろ原因を調べました。

 医者の話では、頭は意外に重いので、
 前かがみを続けていると首に負担がかかるとのこと。

【原因の推定】
 私は長時間パソコンで仕事をしていたが、
 椅子が高く前かがみになって首に負担をかけた。

 おそらく、私と同様にパソコンで仕事する人は多く、
 首に負担をかけているのではと思います。

 
 
■ 再発防止とストレッチ!

1.今後、首に負担をかけないように、
  椅子の高さを低くして(2010/3)、
  パソコンのモニターを正面から見るようにした。

2.ストレッチの実施(2010/3~)

(1)首のストレッチ 
   立ったまま、顎を下に向けた状態から、
   首を下から右上へ、下から左上へ交互にひねり、
   片方20回を1セットのして行う

(2)肩の運動
   続いて両手を上げて、頭の後ろで
   両手の指で手を組む、

   そのままの状態から左右に引っ張り、
   肩も同時に左右に動かすストレッチを
   片方20回を1セットにして行っている

 この2つのストレッチは5分もかからないし、
 どこでも出来るので毎日行っています。

これらで、私は手、腕のしびれが治り、
2年半経過しましたが再発はしておりません。

参考になれば幸いです♪



 

 







 

スポンサーサイト
くわばたりえダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。